ヤリマン妻

歳を重ねるほどにドスケベになる人妻たち・・・

「ダメですって…、そんなの…、んっ!」目を潤ませて、か細い声でそう言うと、僕の妻は他の男にカラダを許した【寝取られ】人妻中出し【NTR】14


その男は僕の昔からの友人という設定で、家具のコーディネーターと装い家にやって来た。「奥さん、めちゃくちゃ綺麗ですね。」「いえいえそんなことないですよ。」そんなチャラついた言葉を真に受けて、まんざらでも無い妻の笑顔に腹が立つ。妻の隣に何気なく座る男、少しづつ妻に近づくその様子を見ているだけで、僕は頭が狂いそうになる。力強く妻を抱き寄せ、今まさに唇を奪おうとしている。「頼む抵抗してくれ!!」そう懇願している自分が居る中で、何故かその続きを見たいと思う自分がいた。



「ダメですって…、そんなの…、んっ!」目を潤ませて、か細い声でそう言うと、僕の妻は他の男にカラダを許した【寝取られ】人妻中出し【NTR】13


一眼レフカメラを肩からぶら下げ、雑誌の取材という理由でその男は我が家にやってきた。カメラマンという設定だからだ。妻には僕の知人であると事前に説明をしてあったから、そんなに怪しまれることもなかった。業界人特有のテンションの高さで僕の妻にも馴れ馴れしく接する間男にも、それに対しニコニコと応対する妻にも怒りが込み上げる。妻はこういう遊び人タイプの男性は嫌いなはずだ。徐々に妻へのボディタッチも増え、勢いで唇を奪おうとする間男に僕の嫉妬は限界を迎えようとしていた。頼む!そんな誘惑に負けないでくれ……。



「えっ、あっ…ダメですっ…」力ない抵抗の後、僕の妻は他の男と舌を絡めてカラダを許した【寝取られ】人妻中出し【NTR】12


「化粧品なんか必要ないぐらい綺麗ですね」そう言葉巧みに妻に話しかける間男。例えばそんな風に言い寄られた所で、うちの妻に限って何も起こるはずはないと信じていた。僕に見せたことも無い様な笑顔で間男と会話を楽しむ妻を見て、その自信は脆くも崩れ去った。嫉妬と悔しさの激情に襲われながら、それでも最後まで妻を愛していようとそう心に誓ったが…。



「でも…この前会ったばっかりだし…」バツの悪そうな顔でそう言うと僕の妻は他の男にカラダを許した【寝取られ】人妻中出し【NTR】11


「今日もやっぱり具合が悪そう…」妻はウチで飼っている金魚を泣き出しそうな顔で心配そうに見ている。縁日で取った金魚をとても大切に育てている妻の献身的な優しさは、僕が結婚を決めた理由の一つでもあった。うちの妻にかぎって、僕を裏切る筈はない。でも、もしかしたら…。間男の妻への執拗な甘い囁き、さりげないボディタッチの連続に怒りと嫉妬、悔しさで僕は気が狂いそうになる。そして妻は…。



エッチな人妻
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ